5分で分かる脳ドックのアレコレ

5分で分かる脳ドックのアレコレ


5分で分かる脳ドックのアレコレ

脳ドックは脳の中に発症する病気の早期発見が出来る検査であり、CTやMRIを利用して検査が行われていきます。
CT、MRIと言った検査は脳の中の状態を検査することが出来る検査器であり、脳出血や脳梗塞、・脳腫瘍などの病気の早期発見に役立てることが出来ます。

脳ドックと言うのは基本的に自覚症状が無い人が行う検査で有り、その検査にCTやMRIと言った検査器が利用されるのですが、CTやMRIの検査器と言うのは、脳に異常が在る場合等での検査でも利用されるものであり、脳ドックだけで利用される検査装置ではありません。

また、CTと言う検査装置は脳卒中の検査に対して有力な情報を与えてくれるのが特徴でもあり、CTを利用して画像を撮影すると、骨の部分は白く移り、水が在る部分は黒く写り、脳は灰色になるなどの特徴を持ちます。
しかし、脳出血、くも膜下出血と言った脳の内部での出血が起きている場合などでは、CTで撮影すると出血部分は白く写る事からも早期発見を可能にすると言われているのです。

不安解消!脳ドック最新情報まとめ

脳梗塞やくも膜下出血といった脳血管の疾患は、日本人の死亡原因で常に上位に位置しています。これらは脳動脈の異常によって引き起こされる病気ですが、自覚症状がほとんどなく、気がついた時にはすでに手遅れになっている場合も少なくありません。そこで、脳の病気を未然に発見するために始まったのが脳ドックです。
通常はMRIやMRA、CTで撮影した画像で検査を行うのですが、MRIは1回の検査につき30分~1時間の時間が必要で、撮影中には音が絶え間なく聞こえるなど欠点もありました。そこで導入されたのが、マルチスライスCTです。これは1列だったX線検出器を複数に配列し、脳の細かな血管構造を一回の撮影で確認できるようにしたもので、検査時間と身体への負担が大幅に軽減されました。頭部のCT撮影であれば10秒ほどで完了し、非常に鮮明な画像を得ることができます。このように、最新技術の登場によって、気軽に脳ドックを受けることができるようになってきています。